水道水が赤いのはこのままでだいじょうぶ?

この前蛇口をひねったら、

 

なんと出てきた水道水が赤い!

 

これには驚いてしまいました…

 

まあ、住んでるマンションも

 

もう築20年を過ぎたので、

 

マンションの設備も経年劣化で古くなってきたのかもしれません…

 

でも、今まで何も考えずに

 

水道水を飲んでいたので、

 

さすがに赤い色をしていると怖くなってしまいました。。

 

このまま水道水を飲用していていいのでしょうか?

 

水道水が赤いのは危険?

f:id:wanshisshin:20170729212435j:plain

 

水道管も古くなってくる。。

長く同じ所に住んでいれば、

 

設備も経年劣化で古くなっていきますね…

 

水道管もおんなじで、錆びていきます。

 

すると、水道管にいっぱいに赤さびが付着し、

 

家庭ででる水道水の水も赤くなってしまいます。

 

そのため、中古マンションや築年数の古い建物に住んでいる人は

 

注意が必要です。

 

すでに赤い水が出てしまっている場合は、

 

飲用水はペットボトルやウォーターサーバーの水を

 

使うことをおすすめします。

 

そもそも水道水は危険?!

 

そもそも赤さびだけでなく

 

水道水はいろんな化学物質が含まれます。

 

これはもちろん、各家庭に安全な飲み水を

 

供給するために、消毒の意味で化学薬品が使われるのは

 

ある程度致し方ありません。

 

しかし、調べた所、

 

先進国の中でも日本は断トツで塩素の濃度が高いことで

 

知られています。

 

日本の水道水の残留塩素濃度が高いのを

 

危惧する専門家もいるほどです。

 

 

水道水が赤いこと、塩素などの化学物質が含まれていることを

 

考えると、

 

赤ちゃんや小さな子供がいるご家庭は、

 

特に注意が必要だと言えそうです。

 

少なくとも我が家ではこういった現実を知り、

 

これからウォーターサーバーに切り替える予定でいます。

 

やっぱり不安がある限り、より安全なものを用意したいのが

 

親心というものですね。