水道水の危険性をまとめてみました。

ここまで、水道水の危険性を

 

少しずつこのブログでお伝えしてきました。

 

一度水道水の危険性についてまとめてみたいと思います。

 

 

水道水の危険性まとめ

f:id:wanshisshin:20170619215938j:plain

 

水道水に入っている代表的な化学物質

水道水を安全に飲むために、

 

浄水場で基準値を満たすために

 

さまざまな化学物質が入れられています。

 

浄水場で水を基準値まできれいにしてから

 

各家庭に配り、私たちの口に入ります。

 

きれいな水でなければ水道水を飲用できませんから、

 

化学薬品で消毒することは致し方ないことです。

 

ただ、その化学薬品によって

 

身体に副作用が出ることも有名な話です。

 

水道水を消毒するために含まれる化学物質で

 

代表的なのが

 

・塩素

 

トリハロメタン

 

です。

 

 

塩素・・・アトピー性皮膚炎の悪化、ぜん息の症状が悪化すると考えられています。

 

トリハロメタン・・・発がん性物質を含みます。

 

こういった化学物質は、基準値以内であれば

 

人体に影響がない、と公表されていますが、

 

例えばですが、塩素が水道に入れられはじめた時期と

 

アトピー性皮膚炎の増加のタイミングが一致している所を見ると、

 

完全に無視できない状況かと思います。

 

 

水道水を安全に飲むには?

水道水を安全に飲むためには、

 

消費者側も一工夫必要です。

 

浄水器を利用する

 

・もともときれいな水を利用する

 

こういった対策が必要です。

 

 

浄水器をつければほとんどの塩素は除去できると考えられています。

 

ただし、浄水器トリハロメタンについては、

 

カートリッジの交換時期になると、トリハロメタンの除去率が

 

半分程度まで落ちてしまう、という国民生活センター

 

調査結果もあります。

 

 

また、汚れている水を飲用するのではなく、

 

もともときれいな天然水を飲むということもいい方法です。

 

汚れた水をきれいにしようと薬品を入れるから

 

副作用が心配なのであり、

 

元々汚れていないきれいな水を使えば

 

化学物質の副作用の心配もいりません。

 

こういった場合ではウォータサーバーなどを

 

積極的に利用するといいでしょう。