水道水に大腸菌が入っているって本当?

水道水に大腸菌って入ってるんでしょうか?

 

どうも水道の雑菌、というと「大腸菌」をイメージしてしまいます。

 

こういった雑菌があるから、

 

塩素を入れて消毒しているイメージ。

 

でも、この時代になっても大腸菌が水道に紛れているってことはあるんでしょうか?

 

水道水に本当に大腸菌は入ってるの?

f:id:wanshisshin:20170719225128j:plain

 

そもそも、大腸菌が水道に検出された場合は

 

飲用できないという規則があります。

 

また、大腸菌が水の中に検出されるケースというのは

 

非常に珍しく、

 

・家畜の糞尿が混ざってしまった

 

・消毒する機械の故障

 

 

こういったケースが考えられます。

 

 

また、大腸菌が仮に存在していたとしても

 

大腸菌は塩素に弱いという性質があり、

 

残留塩素濃度を0.1ppm以上にすれば大腸菌の身体への

 

影響はないと考えられています。

 

井戸水ではどうだろう?

一時期田舎に住んでいたことがあり、

 

井戸水を水道に汲み上げて使っていたことがありました。

 

冷たくて甘いお水で気に入ってました。

 

井戸水も水質検査をします。

 

個人宅の井戸水であれば推奨の検査頻度が

 

一年に一回以上。

 

我が家でもそこの井戸水を飲用していましたから、

 

一度水質検査をしました。

 

検査項目にもしっかり大腸菌検査があり、

 

検査結果はしっかりゼロと出ました。

 

ということで、水道水に大腸菌が混入することはまずないと

 

考えていいようです。

 

むしろ危険だと考えるのなら、

 

塩素濃度や癌の原因となるトリハロメタンの存在を

 

危険視したほうがいいと思います。