日本の水道水の危険性は?安全なの?

日本の水道水は安全だとよく言われていますね。

 

 

でも果たしてそれは本当なんでしょうか?

 

 

もし、本当に安全であれば、

 

赤ちゃんでもお年寄りでも飲めるはずです。

 

 

でも、自分の赤ちゃんに水道水を飲ませるのは

 

ちょっと…

 

と思ってしまうのも事実。

 

では、本当に水道水は安全なんでしょうか?

 

 

このブログでは、赤ちゃんや幼児にも

 

水道水を飲用させて本当に安全なのか?

 

詳しく調べていくブログです。

 

日本の水道水は本当に安全安心か?

f:id:wanshisshin:20170619213948j:plain

 

日本の水道水には化学物質がいっぱい?

 

水道水が安全か危険なのか?を

 

考えた時に、

 

真っ先に思い浮かぶのが、

 

「化学物質」なのではないでしょうか?

 

水道水にはWHOの基準があり、

 

人間が口にする水分にはいろんな細菌を滅菌して

 

基準値以下にならなければ飲用は認められていません。

 

特に、水道水やお風呂で少し鼻につく、

 

「ツン」としたにおいはまさにそれで

 

代表的な化学物質は残留塩素などがあります。

 

水道水に含まれる化学物質とは?

水道水に含まれる化学物質は、

 

塩素だけではありません。

 

他にも、

 

トリハロメタン

 

残留農薬

クロロホルム

 

トリクロロエチレン

 

などなど。

 

 

数えあげればきりがないぐらい、

 

水道水には多くの化学物質が含まれています。

 

これらの物質は人体に影響がない基準を守っているので

 

安全だ、とされていますが、本当にそうでしょうか?

 

2人の子どもを育児中の私にとって、

 

そうではないケースによく遭遇しています。。

 

この辺りも含めてブログに情報として書いていければと思っています。