水道水の危険性をまとめてみました。

ここまで、水道水の危険性を

 

少しずつこのブログでお伝えしてきました。

 

一度水道水の危険性についてまとめてみたいと思います。

 

 

水道水の危険性まとめ

f:id:wanshisshin:20170619215938j:plain

 

水道水に入っている代表的な化学物質

水道水を安全に飲むために、

 

浄水場で基準値を満たすために

 

さまざまな化学物質が入れられています。

 

浄水場で水を基準値まできれいにしてから

 

各家庭に配り、私たちの口に入ります。

 

きれいな水でなければ水道水を飲用できませんから、

 

化学薬品で消毒することは致し方ないことです。

 

ただ、その化学薬品によって

 

身体に副作用が出ることも有名な話です。

 

水道水を消毒するために含まれる化学物質で

 

代表的なのが

 

・塩素

 

トリハロメタン

 

です。

 

 

塩素・・・アトピー性皮膚炎の悪化、ぜん息の症状が悪化すると考えられています。

 

トリハロメタン・・・発がん性物質を含みます。

 

こういった化学物質は、基準値以内であれば

 

人体に影響がない、と公表されていますが、

 

例えばですが、塩素が水道に入れられはじめた時期と

 

アトピー性皮膚炎の増加のタイミングが一致している所を見ると、

 

完全に無視できない状況かと思います。

 

 

水道水を安全に飲むには?

水道水を安全に飲むためには、

 

消費者側も一工夫必要です。

 

浄水器を利用する

 

・もともときれいな水を利用する

 

こういった対策が必要です。

 

 

浄水器をつければほとんどの塩素は除去できると考えられています。

 

ただし、浄水器トリハロメタンについては、

 

カートリッジの交換時期になると、トリハロメタンの除去率が

 

半分程度まで落ちてしまう、という国民生活センター

 

調査結果もあります。

 

 

また、汚れている水を飲用するのではなく、

 

もともときれいな天然水を飲むということもいい方法です。

 

汚れた水をきれいにしようと薬品を入れるから

 

副作用が心配なのであり、

 

元々汚れていないきれいな水を使えば

 

化学物質の副作用の心配もいりません。

 

こういった場合ではウォータサーバーなどを

 

積極的に利用するといいでしょう。

 

 

水道水を飲むと下痢する?

水道水を飲んで下痢することは

 

ごく稀ではありますが、実際にあるようです。

 

 

特にお腹がもともと弱い人、赤ちゃん、高齢者は

 

身体の抵抗力が低いので注意したいですね。

 

水道水を飲むと下痢しやすい?

f:id:wanshisshin:20170725164838j:plain

 

過去に水道水由来の事件?

過去日本でも、水道水が原因の腹痛事件はありました。

 

1990年代に埼玉県の越生町で、

 

町民の約13000人のうち8700人が

 

集団で下痢を起こした事件です。

 

これは、「クリプトスポリジウム」という寄生虫

 

水道水の中に含まれていて、

 

浄水場で浄水しきれず、住民の口に入ってしまった、

 

というもの。

 

クリプトスポリジウムという寄生虫は、

 

塩素での殺菌・死滅ができない虫なんですね…

 

埼玉県越生町だけでなく、

 

北海道、愛知、兵庫でもクリプトスポリジウムは発生が確認されています。

 

 

水道水はほぼ心配しなくていいけれど…?!

世界でも安全だといわれている日本の水道。

 

基本的にはほぼ普段の毎日では

 

水道水の細菌や寄生虫は心配しなくていいようです。

 

ただ、稀に寄生虫などの集団下痢も発生しているので、

 

心配であれば、

 

「水道水を煮沸すること」ですね。

 

水道水を飲用する時は、

 

やかんや鍋などで10分~15分程度沸騰させると

 

細菌や寄生虫の心配がいらなくなります。

 

 

 

水道水に大腸菌が入っているって本当?

水道水に大腸菌って入ってるんでしょうか?

 

どうも水道の雑菌、というと「大腸菌」をイメージしてしまいます。

 

こういった雑菌があるから、

 

塩素を入れて消毒しているイメージ。

 

でも、この時代になっても大腸菌が水道に紛れているってことはあるんでしょうか?

 

水道水に本当に大腸菌は入ってるの?

f:id:wanshisshin:20170719225128j:plain

 

そもそも、大腸菌が水道に検出された場合は

 

飲用できないという規則があります。

 

また、大腸菌が水の中に検出されるケースというのは

 

非常に珍しく、

 

・家畜の糞尿が混ざってしまった

 

・消毒する機械の故障

 

 

こういったケースが考えられます。

 

 

また、大腸菌が仮に存在していたとしても

 

大腸菌は塩素に弱いという性質があり、

 

残留塩素濃度を0.1ppm以上にすれば大腸菌の身体への

 

影響はないと考えられています。

 

井戸水ではどうだろう?

一時期田舎に住んでいたことがあり、

 

井戸水を水道に汲み上げて使っていたことがありました。

 

冷たくて甘いお水で気に入ってました。

 

井戸水も水質検査をします。

 

個人宅の井戸水であれば推奨の検査頻度が

 

一年に一回以上。

 

我が家でもそこの井戸水を飲用していましたから、

 

一度水質検査をしました。

 

検査項目にもしっかり大腸菌検査があり、

 

検査結果はしっかりゼロと出ました。

 

ということで、水道水に大腸菌が混入することはまずないと

 

考えていいようです。

 

むしろ危険だと考えるのなら、

 

塩素濃度や癌の原因となるトリハロメタンの存在を

 

危険視したほうがいいと思います。

 

 

水道水に入っているトリハロメタンの危険性について

水道水のトリハロメタンって聞いたことありますか?

 

私が聞いたことがあるのが、

 

トリハロメタンと塩素ですかね…

 

でも基準値以内であれば気にすることないんでしょうか?

 

ちょっと調べてみました。

 

トリハロメタンの危険性とは?

 

f:id:wanshisshin:20170719070034j:plain

 

トリハロメタンって何?

トリハロメタンとは、ハロゲンという物質に置き換えて生成された

 

化学物質です。

 

発がん性物質かもしれない、とも考えられていますが、

 

癌との因果関係はあまりよくわかっていません。

 

昔では、トリハロメタンは麻酔薬としても使われていました。

 

トリハロメタンを人間が大量に摂取すると、

 

血圧の低下、心拍の低下になり場合によっては死に至ります。

 

 

しかし、WHOの基準は厳しく設けてあり、その基準値内であれば

 

癌になる可能性は10万分の1を越さないレベルであるとされています。

 

日本ではさらに厳しい基準を設けてあり、

 

水道水が安全だと言われている理由です。

 

沸騰させるとトリハロメタンは急増?

 

トリハロメタンが沸騰させることで少なくなることは有名です。

 

しかし、注意しないといけないのが、

 

瞬間的な沸騰は、かえってトリハロメタンを増やしてしまうということです。

 

ただし、10分以上の煮沸でほとんどのトリハロメタンが消えるというデータがあります。

 

 

水道水を安全に飲みたいなら、

 

必ず10分以上沸騰させてから使えばいいですね!

 

 

マンションの水道水は下痢をする?

私、あんまり何も気にしないタイプというか

 

ズボラな性格で、食べ物も飲み物も

 

好きな物を好きなだけ食べるタイプです。

 

でも、どーも、最近水道のお水を飲んだ日に限って

 

お腹を下すんですよね…

 

このまま水道水飲んでてだいじょうぶ?

 

と思ったので詳しく調べてみました。

 

マンションの水道を飲むと身体に毒?!

f:id:wanshisshin:20170703072854j:plain

 

マンションの築年数も結構大事?

 

我が家は築28年。

 

結構ボロボロです。管理は結構しっかりしてるんですけどね…

 

それで、色々情報を見ていたら、

 

マンション住まいであれば、「貯水槽」に注意しないと

 

いけないらしいです。

 

マンションの各家庭の水道は、まず貯水槽にためられます。

 

その後、一軒一軒に水が流れてくる、ということですね。

 

それで、築年数が古ければ古いほど、

 

貯水槽が汚れている率が高いそうです。

 

そりゃ、そうですよね??

 

建物はどうしても劣化していきますから、

 

マンションが古くなれば貯水槽も古くなっていくということです。

 

マンションの貯水槽はどうなってる?

ちょっと調べたんですが、貯水槽って

 

いろんな汚物がまぎれてしまう可能性が高いんですって。

 

鳥のふん、カビ、ヌメヌメ…

 

こういった身体にとって害になりそうな

 

汚れがたくさんまぎれているのが普通なんだとか。

 

確かに!

 

いくら定期的に清掃している貯水槽でも

 

毎日お掃除しているワケでもないし

 

月に一回の清掃だったとして

 

その間に鳥のふんが入っていることも

 

ないってことのほうが不思議だと思いませんか?

 

こういった現実を聞いてしまうと、

 

やっぱり水道の水を常飲するのは

 

今後控えたほうがよさそうだな~って思います^^;

 

 

 

 

 

水道水の安全な国はどこ?

水道水の安全な国ってどこなんでしょうか?

 

 

今まで私、ずっと日本は水道が安全な国だと思っていました…

 

 

でも、調べてみると実は違っていたようです。。。

 

 

水道水の安全な国ランキング!

f:id:wanshisshin:20170714121402j:plain

 

水道水の一番安全な国はドイツ!

ドイツの水道水事情を見てとっても驚きました。

 

ドイツでは塩素は0.001pmが上限です。

 

次に低かったのがフランスとアメリカ。

 

この2国は塩素の上限が0.1ppm。

 

それに引き換え日本はというと・・・

 

 

塩素の含有量に「上限がありません」!

 

上限がないって・・・

 

 

つまり、河川から水を取水した時に、

 

その水が汚れていればいるほど、

 

入れられる化学物質は増えるということなんですね。。

 

これって恐ろしくないですか??

 

塩素による人体への影響とは?

私もよくやるんですが、ふきんが汚れてきたら、

 

漂白剤に入れて白くしませんか?

 

よく漂白剤のパッケージに

 

「混ぜるな危険」とか、「手袋をしてください」

 

など、書いてありませんか?

 

 

私はめんどくさがり屋なのでたまに素手て

 

漂白してしまうんですが、

 

素手でやると手がヌメっとするんですね・・・

 

これも調べてみると、皮膚表面が薄~く溶けているんだそうです。

 

 

だから、「混ぜるな危険」とか、「手袋してください」などと

 

書かれてあるんですね。

 

 

でもそれって普通に危険だと思いませんか?

 

混ぜちゃいけない、手袋しないと肌が荒れる塩素を

 

いくら少量であっても水道に混ぜるって…

 

このぐらいの量なら影響ない、と言われても

 

どうも私は納得いきません。。。

 

 

 

水道水を沸騰させるのは危険?

水道水を沸騰させると危険、と何かの情報で見ました。

 

水道水はいろんな化学物質が入っているから

 

沸騰させれば蒸発してだいじょうぶ!

 

なんて思っていましたが、そんなこともないようですね。。

 

 

では、どのぐらい沸騰させれば安全なお水になるんでしょうか?

 

水道水を沸騰させて飲用水にするリスク

f:id:wanshisshin:20170709153409j:plain

 

我が家は水道水をケトルで沸かしていました…

ちょっと私は勘違いしていて、

 

水道水をずっとケトルで沸かしていました。

 

しかし、これが大間違いだったようで、

 

少しの煮沸時間だと、かえって化学物質の量が増えてしまうそうなんです。。

 

水道水を沸騰させることで

 

量が急激に増えてしまうのが「トリハロメタン」。

 

トリハロメタン発がん性物質だと考えられています

 

ではこのトリハロメタンは煮沸で消失させることは

 

できないんでしょうか?

 

水道水の煮沸は沸騰で10分以上が安全!

水道水はケトルややかんだったら

 

沸騰してから15分以上経つと

 

トリハロメタンは蒸発するそうです。

 

f:id:wanshisshin:20170709153939p:plain

 

引用元:

http://waseda-united.co.jp/blog/water

 

逆に2~3分沸騰させただけでは、

 

トリハロメタンは5倍にも増えてしまうんですね。。

 

特に今まで私はケトルで沸騰させてたので、

 

わずか2分程で沸騰してしまいます。。

 

 

と、いうことは一番トリハロメタンが多くなった状態の水を

 

家族に飲ませてしまっていたんです・・・

 

 

知らないってどんなに恐ろしいことか…

 

今回の件で痛感させられました。